まずは保湿

手肌を美しく保つために天敵となるのが、お肌の乾燥。 手肌が乾燥してしまいますと、手荒れの症状を引き起こしてしまいますので、手肌の印象が悪くなってしまいます。

ハンドクリームは、手肌を美しくいたわる最も身近なアイテムですが、なぜハンドクリームを活用することが重要なのかと言うと、とにかく手肌の保湿を行うことが重要だからです。

お肌は紫外線によって乾燥してしまいます。また、空気の乾燥やエアコンによる湿度の低下、繰り返す手洗いなどによっても、肌のうるおいが失われてしまうのです。 乾燥が進行してしまいますと、手荒れの症状につながってしまいますので、結果として、角質層に亀裂が入り、ひび・あかぎれなどが起こってしまうことになります。

ハンドクリームでしっかりと手肌を保湿してあげる理由は、乾燥からくるお肌のトラブルを未然に防ぐための保湿ケアを行うためです。

また、ハンドクリームによる保湿ケアは、こまめな頻度で、手肌が乾燥してしまう前に、うるおいをチャージしてあげることが重要。 いつでも、どこでも、ハンドクリームを常備しておき、お肌の乾燥を感じたタイミングで、しっかりと手肌を保湿ケアしてあげましょう。

たとえば、キッチンや洗面所などの水廻りには、ハンドローションを常備したり、化粧ポーチの中にハンドクリームを常備して、外出中のケアへ配慮したり、就寝前にしっかりと保湿ケアができるよう、ベッドのそばにもハンドクリームを常備するようにしましょう。

あらゆる生活シーンの中で、いつでも保湿ケアができる状態を作ってあげるということがポイントなのです。